麻雀の点数計算 – シンプルに理解する

調査
スポンサーリンク

麻雀の点数計算のやり方を漏れなく簡潔にまとめました。

スポンサーリンク

点数計算の流れ

以下を順に行います。

  1. 符計算
  2. 翻数計算
  3. 基本点計算
  4. 支払い計算

以降では具体的な計算方法を説明します。

符計算

$$
符 =
\begin{cases}
ツモ平和&:& 20 \\
七対子&:& 25 \\
食い平和形&:& 30 \\
その他&:& ceil_{10}\left(20 + 和了の符 + 聴牌の符 + 面子の符 + 雀頭の符\right)
\end{cases}
$$

※ $ceil_{10}\left(a\right)$ は、$a$ を十の位まで切り上げる

※ 食い平和形とは、副露した状態でロン和了し、和了形が平和の形であること
  (副露なので平和の役はつかない。あくまで形の話)

式中の値の求め方

  • $
    和了の符 = \left\{ツモ: 2, 門前ロン: 10, 副露ロン: 0\right\}
    $

    ※ 嶺上牌でのツモ和了の場合、$2$ ではなく $0$ にするルールもある

  • $
    聴牌の符 = \left\{嵌張待ち・辺張待ち・単騎待ち: 2, 両面待ち・双碰待ち: 0\right\}
    $

    ※ 複数の待ちがある場合、最も高い符を採用する

  • $
    面子の符 = \sum\left(\left\{明刻: 2, 暗刻: 4, 明槓: 8, 暗槓: 16, 順子: 0\right\} \times \left\{中張牌: 1, 么九牌: 2\right\}\right)
    $

    ※ $\sum\left(a\right)$ は、$a$ の総和をとる
    ※ ロンによって完成した刻子は明刻として扱う

  • $
    雀頭の符 = \left\{三元牌・風牌: 2, 連風牌: 4, 他: 0\right\}
    $

    ※ 連風牌を $4$ ではなく $2$ にするルールもある

翻数計算

$
翻 = 役の翻数の和
$

※ 役の成立条件が包含関係にある場合、その中で翻数が最も高い役のみを採用する

基本点計算

$$
基本点 =
\begin{cases}
5翻以下&:& min\left(2000, 符 \times 2 ^ {翻 + 2}\right) &\ldots 2000の場合、「満貫」 \\
6~7翻&:& 3000 &\ldots 「跳満」 \\
8~10翻&:& 4000 &\ldots 「倍満」 \\
11~12翻&:& 6000 &\ldots 「三倍満」 \\
役満・13翻以上&:& 8000 &\ldots 「役満」・「数え役満」
\end{cases}
$$

※ $min\left(a, b\right)$ は、$a$ と $b$ のうち小さい方の値を採用する
※ 数え役満を採用しないルールでは、$13$翻以上も三倍満として扱う

支払い計算

ツモ

支払者 … 和了以外の3人

$
支払い = ceil_{100}\left(基本点 \times \left\{支払者=子: 1, 支払者=親: 2\right\} \times \left\{和了=子: 1, 和了=親: 2\right\}\right)
$

※ $ceil_{100}\left(a\right)$ は、$a$ を百の位まで切り上げる

ロン

支払者 … 放銃者

$
支払い = ceil_{100}\left(基本点 \times \left\{和了=子: 4, 和了=親: 6\right\}\right)
$

※ 切り上げを考慮しなければ、ツモとロンで受け取る額が等しくなるように設定されている

最後に

麻雀の点数計算の方法を調べていると、無駄に冗長に説明しているページが多くて驚きました。

冗長な説明を最初に読むと、点数計算はややこしいものだと感じてしまうと思います。

実際にはそれほど複雑なわけではないので、まずは簡潔に理解することを目指し、必要になったら点数表などを参照するようにしましょう。

それでは、また。

調査

コメント

タイトルとURLをコピーしました