スポンサーリンク

【ポケモン剣盾】期間限定レイドの仕様と周回方法

ポケモン

こんにちは。

ポケットモンスター ソード・シールド では、期間限定イベント中のみ出現するレイドバトルがあります。

期間限定レイドでは、色違いのポケモンの出現率が上がったり、特別なアイテムが入手できたりします。

この記事では、期間限定レイドの仕様と周回方法を紹介します。

期間限定レイド

仕様

期間限定レイドを出現させる手順

ふしぎなおくりもの > ワイルドエリアニュースを受け取る

を選択します。

すると、受け取った直後から期間限定レイドが出現します。

既に立っている柱のうちのいくつかも期間限定レイドに置き換わります。

期間限定レイドの出現場所・出現数

ワイルドエリア内の柱に出現します。

自分で立てた柱には出現しないようです。

自然発生する柱は全部で8本あり、そのうち一定数の柱が期間限定レイドの柱になります。

全8本中の期間限定レイドの本数はイベントごとに異なるようですが、バレンタインのマホミルレイドの場合は4本でした。参考までに。

日付変更による柱の移動

期間限定レイドの柱は日付変更による移動後も期間限定レイドのままです。

逆に、期間限定レイド以外の柱は日付変更による移動後も期間限定レイド以外になります。

つまり、日付変更前後で期間限定レイドの数は変わりません。

因みに、個体は通常通り日付変更によって変わります。

本体の日付とイベント期間の関係

本体の日付は期間限定レイドの出現に影響しません。

そのため、本体の日付がイベント期間外であっても、期間限定レイドは出現します。

期間限定レイドの終了条件

実際にイベント期間が終了した後にインターネットに接続すると、接続した直後に期間限定レイドは消滅します。

しかし、インターネット接続後にレポートを書かずにリセットすれば、期間限定レイドは元通り復活します。

個体と報酬は固定か否か

個体は、通常通り柱ごとに固定されています。

つまり、一度戦った後にレポートを書かずにリセットすると、また同じ個体が出現します。

報酬のアイテムについては、期間限定報酬のみ固定されていません。(通常時に入手可能なアイテムは固定されています)

同じ柱でリセットし続けた場合、入手できる個体は同じですが、入手できる限定アイテムは変化するということです。

捕獲率

確定で捕獲できるとは限りません。

集計から、ゲストの捕獲率は約50%だと推測されます。

バレンタインのマホミルレイドでのゲストの捕獲率を集計した結果は以下となります。

50% (= 25 / 50)

※ ボールは捕獲補正率1のボール(ヒールボール)を使用
※ ☆5レイドのみ

報酬アイテムの割合

バレンタインのマホミルレイドでの報酬アイテムを集計した結果は以下となります。

☆5レイドのみ 試行回数 = 50 [回]

アメざいく 入手総数 [個] 割合 [%] 1回あたり [個]
いちご 21 18.58 0.42
ハート 18 15.93 0.36
ベリー 17 15.04 0.34
よつば 15 13.27 0.30
おはな 13 11.50 0.26
スター 16 14.16 0.32
リボン 13 11.50 0.26
合計 113 100.00 2.26

どのアイテムも入手確率は等しいと考えられます。

また、1回あたりのアメざいく入手数の期待値は 2.26 個です。

周回方法

個体厳選の周回方法

個体(ポケモン)を厳選する方法を紹介します。

まず、ワイルドエリア内に自然発生の柱が8本すべて存在する状態にします。

次に、期間限定レイド以外の柱すべてに挑戦して柱を消し、期間限定レイドの柱のみが残っている状態にします。

この状態で日付変更バグを使うと、日付変更後もすべての柱が期間限定レイドになり、厳選が楽になります。

あとは、1つ1つ柱の前でセーブしてから挑戦し、目的の個体でなければリセットし、柱をすべて回り終えたら日付変更してまた柱を回るということを繰り返します。

限定のアイテムやポケモンをたくさん集める方法

本体が複数ある場合

本体Aは期間限定レイドの柱の前でレポートを書き、みんなで挑戦します。

対戦終了後、本体Aをリセットし、またみんなで挑戦します。

これを繰り返すことで、本体A以外でアイテムやポケモンを量産することができます。

本体が1個の場合

オンラインで誰かのレイドに参加するか、ひたすら柱を回り続けます。

最後に

期間限定イベント中に出現するレイドバトルの仕様と周回方法について説明しました。

貴重なポケモンやアイテムを入手できる機会なので、逃さず入手しましょう。

それでは、また。

ポケモン 第8世代-剣盾

コメント

タイトルとURLをコピーしました